FC2ブログ
天空の露天風呂でハッピーアワー♪

logbook #222 新潟県 蓮華温泉


☆PCビューで見る方がより画像の質が良くなりますよ☆




北アルプス山系には今までもご紹介したように
中房温泉をはじめとした素晴らしい混浴温泉が点在します
今回ご紹介する温泉も北アルプスを代表する名湯です

フォッサマグナ上の長野県と新潟県の県境付近
姫川温泉のある平岩から北アルプス白馬岳を目指し
細い林道をひた走ります
途中の”ビワ平ゲート”が開き
終点の「白馬岳蓮華温泉ロッジ」までマイカー乗り入れの可能な時期は
6月中旬から10月中旬とかなり限定されるほど
冬季は雪で閉ざされる山岳地帯
温泉ロッジ自体も10月中旬から3月中旬までは冬季休業に入ります
ロッジの始まる3月中旬からゲートの開く6月中旬までの間は
ビワ平から徒歩のみのアクセスとなります
その所要時間は2時間30分と
かなり気合いが必要となってくる貴重な温泉地です

蓮華マップ
↑クリックすると拡大します

ご覧のように蓮華温泉には広大な敷地..というより
広い山の斜面一帯に4つの露天風呂が点在
ぐるっと回ると総距離は1.5km
それぞれ湯船や泉質、景観も違い
ダイナミックな大自然の湯浴みを楽しめるのが人気の秘密
白馬岳蓮華温泉ロッジも含め
白馬~栂池からの縦走コースの入り口にもなっているので
多くが登山客でありロッジも山小屋スタイルの宿☆
湯めぐりの際には最低でもスニーカーが必須となりますのでご注意を

それでは蓮華温泉の露天風呂めぐり
スタートです☆


【三国一の湯】

蓮華温泉11

白馬岳ロッジより急斜面の続く木の階段の登山道を
約10分登ったところにある木々の中の露天風呂
特に最初の息の切れる(運動不足だから? 笑)行程の後だけに
澄んだクリアな露天風呂のお湯が
まるで目の前で湧き出したオアシスのように感じます

脱衣所は無し、しかも登山道のすぐ横ということで
女性には相当ハードルの高い露天風呂
ワタシの場合は難なく脱衣し躊躇なく入湯~
木々に囲まれているので景観はありませんが
森林浴を楽しみながらの湯浴みもまた格別です

思ったよりも湯温はぬるく
それがまた汗をかいて火照った体にヒンヤリとして
超気持ちいいんです♪
夏の季節にはピッタリ☆

泉質は酸性アルミニウム硫酸塩泉
若干の濁りと白い温泉成分が木の湯船に付着していました

ちなみに「三国一の湯」の三国は
日本・中国・天竺の事
天竺とは今でいうインドの辺りを指します
その中で一番のお湯という事は相当な極上の湯という事!

蓮華温泉18

【薬師の湯】

「三国一の湯」より更に登山道を進む事、約10分
途中から視界が開け、荒々しい山肌の地獄地帯に出ます
一番高い場所には、蓮華温泉の源泉地帯があり
硫化水素が噴気をあげているのが確認できます
その横を上がっていくと、蓮華温泉で一番の高所にある露天風呂
「薬師の湯」があります

すでに殿方がひとりリラックスして湯浴み中でしたが
ワタシたちを見ると遠慮して空けてくれました
すいませ~ん
ご一緒しても構わないのですが
岩で縁取られた「薬師の湯」の湯船は定員4人くらい
それを察知してくれて殿方は親切に譲ってくれたのですね
感謝です
なんでも3日前から20kgのリュックを背負って
栂池~白馬から縦走してきたそうです
すご~い

蓮華温泉22

ご覧の様に「薬師の湯」は綺麗なエメラルドグリーンのお湯
重炭酸土類泉です
温度も適温で快適☆
湯船から乗り出せば北アルプスの雄大な景色を望めます
一番高い位置にある事で覗かれる心配もなし
誰かが上がってくるのも確認できるので
女性にも安心の露天風呂ですね

蓮華温泉29のコピー

蓮華温泉28

覗き込むと下の方には「仙気の湯」の湯船が確認できます
ひとつの温泉宿で、これだけ広い山の斜面を移動するほどの露天風呂群って
なかなか他では味わえません
ただ4つの露天風呂を回るのに
また着衣して脱衣して...を繰り返すのが結構大変...というか面倒(笑)
なので「薬師の湯」から「仙気の湯」までの移動は
バスタオル巻きのまま移動しちゃいました~
楽チン♪


【仙気の湯】

蓮華温泉人気ナンバー1の露天風呂☆
もともとは「疝気の湯」と書いたそうです
疝気とは”胃腸の病気”の事、つまり疝気に効果があるという意味だったのですが
ロケーションの良さから”まるで仙人になった気分になれる”という意味の
「仙気の湯」に変化したんですって☆
なるほど、ここからは湯船に浸かったままでも
雄大な北アルプス(朝日岳)を眺める事ができます
残雪の山々を見ながら開放的な気分での湯浴み
やっぱり仙人になった気分♪

蓮華温泉39

蓮華温泉のあるこの一帯は、名将”上杉謙信”の領土
高山の発掘に力を入れ、1617年その採掘の際に発見されたと伝えられます
その後も明治時代までの300年間採掘が行われたそうです
かつては鉱山労働者をはじめ
猟師や樵に愛用され不便な山奥ながら湯治場として栄え
嘉永元年(江戸時代)に本格的な湯治場として賑わいを見せます

ただ秘境という事や冬は深い雪に閉ざされる北アルプスの山麓
平岩から白馬岳蓮華温泉ロッジの場所まで道路が完全開通したのは
ようやく昭和51年に入っての事
それまでは一部の登山客や温泉マニアにのみ知られる秘湯でした

それでも「仙気の湯」からのダイナミックな景色を見れば
登山の疲れもいっぺんに吹き飛ぶでしょうね
それは今も昔も変わらないんだろうな~
そんな時代を超えた魅力がここにはあります

ちなみにロッジに宿泊すれば
夜の「仙気の湯」では最高のプラネタリウムが楽しめるそうです
う~ん..とても魅力的♡

蓮華温泉42のコピー

【黄金の湯】

蓮華温泉最後の露天風呂は
「仙気の湯」から別ルートでロッジへ降りる途中にあります
少し歩けば白馬岳への登山道と合流する近く
「三国一の湯」同様、木々に囲まれた静かな露天風呂です
ほのかに白濁するマグネシウム炭酸水素塩泉
木枠のお風呂に源泉が木筒を通って流されています
新緑の時期や紅葉の季節は素敵でしょうね

もともとは土が混じりお湯が黄土色に濁った事から
「黄金の湯」と名付けられたそうです

ここも登山道のすぐ脇に湯船があるので
突然登山客が来たら無防備な状態になって慌てそうですね(笑)
ここも女性には少々ハードルの高い露天風呂かもしれません

蓮華温泉44のコピー

それぞれ特徴の違う4つの露天風呂
なかなか他では味わう事のできない雄大な自然の中での混浴☆
ここはぜひ一度は行くべき場所ですね
みうたんもオススメです♪



みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

みうたんお気に入り度☆☆☆☆☆

【住所】 新潟県糸魚川市横町5-5-14
【☎︎】 090-2524-7237
【入浴料】 800円
【入浴時間】 10:00~15:30
【定休日】 冬季(10月20日頃~3月中旬)
ロッジまでのマイカー乗り入れは6月中旬~10月中旬

【HP】 白馬岳蓮華温泉ロッジHP


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

ブログランキング
どれかひとつに”おまけ”画像ありま~す☆










励みになります☆
混浴王を目指すワタシへポチっとお願いします♡
スポンサーサイト
[PR]

山中に輝く宝石箱♪

logbook #221 燕温泉 河原の湯






燕44のコピー


細長い日本列島を分断する様に走るフォッサマグナ
その東側の山々を形成する中のひとつ「妙高山」
見事な馬蹄形のカルデラ外輪山を従える妙高山の東側の山裾には
スキー場が広がり関温泉、赤倉温泉などの温泉群もみられます

標高2.450mの妙高山は越後富士と呼ばれるほどの秀麗な山容を持ち
子供が登る日本百名山のひとつとして
夏山シーズンには子供から高齢者まで幅広い登山客が訪れます

その東麓の登山口となるのが標高1,100mと
妙高山最高地の温泉「燕温泉」です

燕1のコピー

狭く急な傾斜の通りに
現在は5軒の温泉旅館と2軒のお土産屋さんがあるのみの
小さな温泉街の燕温泉
その昔には温泉街のすぐ先に「燕温泉スキー場」もあり(2007年に廃止)
今まで多くの観光客を迎えてきた場所です

開湯伝説は弘法大師の発見と伝えられ
江戸時代に至るまでもすでに湯治場として賑わいを見せ
この一帯の覇者”上杉謙信”公の隠し湯としても知られ
明治28年に今の温泉街が開かれます

冬は深い雪に閉ざされる秘湯中の秘湯であった温泉地
”彼岸に来て彼岸に帰る”燕と同じ様に
夏の間だけ湯小屋を建てて営業していたことから
燕温泉と言う名前がついたとされる説を始め
”燕が多い”や”春燕が巣作りのための土を取りに来ること”
”中華料理で珍重される「燕の巣」を作る
「岩燕」の多い土地であった亊から付けられた”と由来は様々
それだけ古くから多くの人たちがこの場所を訪れ
このお湯に想いを馳せていたことが伺えますね

燕12のコピー

混浴ファンにとっては残念なことに
燕温泉の温泉宿の中には混浴はありません
登山道の入り口付近にある共同の露天風呂「黄金の湯」も男女別浴
なので今回ワタシが目指した場所が
燕温泉より徒歩10~15分にある山中の野湯「河原の露天風呂」
混浴秘湯ファンには有名な野湯です

燕温泉の温泉街を抜けると
妙高山の登山道がありメインのルートと河原の湯・惣滝(そうたき)に分かれるので
ここから河原の湯のルートを歩きます

登山の完全武装は全くいらず
スニーカーであればタオルひとつで問題なく
たどり着けるのでご安心を♪

燕14のコピー

燕17のコピー

紅葉の時期には見事な景観が広がる大田切渓谷沿いの
細い遊歩道を歩きますが、所々”落ちたらヤバし”な場所を歩くことも..
常に注意は必要ですよ☆
名物の吊り橋が見えて来ればもう少し!
ワタシたちが訪問した時には工事中で
足場で組まれた仮の橋を通りました

この先の川の支流沿いに進めば
「燕温泉 河原の湯」へ到着です

燕27のコピー

立派な男女別の脱衣所と10~15人は入れそうな大きな湯船
野湯と呼ばれながらも定期的に観光協会の方々の手入れが行き届いた
素晴らしい露天風呂☆
入り口付近には寸志を求める”ご礼儀”の箱もありました
ここはぜひ感謝の気持ちを持って入浴すべき野湯ですね

青みがかった乳白色のお湯は2つの源泉を混合させたお湯
含硫黄-ナトリウム・カルシウム – 炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物温泉
お湯の湧出口は温泉成分で真っ白に染まっています
ほのかに硫黄の香りも漂い
さらっとしたお湯はとても入りやすい
刺激の少ない優しいお湯です

高い山の斜面に囲まれた谷にある露天風呂なので
開放感こそ少ないものの
すぐ側にはちょっとした滝や支流が勢いよく流れ
マイナスイオンを十分に満喫できます
湯船の青みがかった白濁湯は
山中に突如現れた宝石箱のように眩しく鮮やか☆

燕25のコピー

普段は休日の昼間ともなれば
多くの人で賑わう野湯ですが
早朝は誰もいませんでした
もちろん空いている時間帯を狙った訳ですが
それは”人”だけに限ったことではなく
カレの天敵でもある”アブ”の活動時間前を狙った意図もあります

このシュチュエーションなので
夏の河原の露天風呂はアブの大量発生間違い無し
カレ曰く「アブより早起きして行くぞ~」ですって(笑)

快適な露天風呂での時間を過ごすために
皆さんもぜひ工夫してみてくださいね☆
早起きは三文の徳でした♪

燕38のコピー


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

みうたんお気に入り度☆☆☆

【住所】 新潟県妙高市燕温泉内
【☎︎】 0255-86-3911(妙高市観光協会)
【入浴料】 無料
【入浴時間】 日の出~日の入り
【定休日】 冬期(11月~5月)

【HP】


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

ブログランキング
どれかひとつに”おまけ”画像ありま~す☆










励みになります☆
混浴王を目指すワタシへポチっとお願いします♡
米どころの一軒宿☆

logbook #133 五十沢温泉ゆもとかん




新潟県の米処”南魚沼”☆
魚沼産コシヒカリは全国的にも有名ですね
関越道六日町インターから小出インターを走ると
一面に魚沼盆地の田園地帯が拡がっています

遠く山々には八海山をはじめとする越後三山がそびえ
自然豊かな日本の原風景を見る事が出来ます

IMG_8199のコピー

旧六日町を三国川ダムへ向かうと
途中の小さな集落の中に
“五十沢温泉”の看板があります
注意してみないと通り過ぎてしまいそうな温泉です

でも温泉の敷地に入ると
大きな駐車場とB級感たっぷりの
昭和の健康ランド風の建物と
薬師如来を祀った社などが建てられていて
ビックリしました☆

ロビーに入るとこれまた広い空間に
お土産売り場、休憩所、フロント
動物の剥製になんと!パンダの剥製まで(初めて見ました~)
どれもが統一感を無視し並んでいます

ますますのB級感にワクワク☆

IMG_8211のコピー

とっても広い湯船40人以上は入れますね

平日の午前中から地域の高齢者の方達でしょうか
ひっきりなしに訪れています
老人会の団体や婦人会など
団体さんを収容出来る広さがあります
結構な人気の宿なのでしょう

お風呂は男女別の内湯と露天風呂
そして混浴の内湯と露天風呂に分かれています
先程の団体さんのほとんどの方が
手前の男女別に入られるせいなのか
混浴の方には誰もいませんでした☆

お湯は無色透明のアルカリ性単純温泉
硫黄の匂いがほのかに漂ってきます
ここも美人のお湯ですね♪
誰もいないお風呂を彼とふたりで独占です☆

露天風呂は集落の中にあるため
囲いがあって眺望はありませんが
山あいの美味しい空気を感じながら
美しく整えられた大小の岩や植え込みの
庭園風の造形美が目を楽しませてくれます

お湯を堪能した後は
おいしいコシヒカリで腹ごしらえかな♪

IMG_8283のコピー


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【五十沢温泉 ゆもとかん】
みうたんお気に入り度☆☆☆

【住所】 新潟県南魚沼市宮17-4
【☎︎】 025-774-2876
【入浴料】 500円
【入浴時間】 10:00~20:00
【定休日】 不定休(要確認)

【HP】 五十沢温泉 ゆもとかんHP

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください