FC2ブログ
2017.04.08 はげのゆ??
はげのゆ??

logbook #247 はげの湯温泉 旅館山翠








九州の中央部に位置し雄大なカルデラや
爽快な風景を楽しめる「阿蘇くじゅう国立公園」
巨大な屏風のように立ち並ぶ外輪山の姿は
まさに火山の国のエネルギーを感じることができます

当然ワタシたちにとっては”火山あるところに名湯あり”
このエリアにはたくさんの温泉が存在し
未だ混浴の文化も数多く残る場所でもあります

今回足を運んだのは「阿蘇くじゅう国立公園」の一角をなす九重連山の西端
標高1499mの湧蓋(わいたさん)山の西麓にある静かな温泉集落「はげの湯温泉」
”!”と思えるような強烈なネーミング(笑)
波平さん的な?いやいや...毛乳頭に温泉効果を発揮する...でもなく
温泉の蒸気などで草や植物が育たない場所をこの辺りでは”はげ”と言うらしく
そこからこのユニークな名前がついたようです

はげの湯19

そんな”はげ”が彼方此方にあるであろうこの風景☆
山の斜面に広がる日本の原風景ですが
集落のいたる所からもうもうと湯けむりが上がっています

はげの湯に足を踏み入れた途端に
温泉ファンなら声を上げてしまうこの風景
思わずカレも車を止め写真に収めた一枚ですが
実はこの同じ景色を
シュールなタッチで独自の世界観を描く”つげ義春”さんも
昭和40年代に発表した「旅のスケッチ」で紹介していました

おお~♪

que-1485521504.jpeg

当時は地元の人しか知らないような静かな湯治場だった事が
まさに秘湯自炊という”つげワールド”にぴったりだったのでしょう
しかしその後の秘湯ブームによる観光客の急激な増加により
ほとんどの宿がリニューアル化
当時の面影は見る事が出来ないそうです

それでも、この原風景や
もうもうと上がる湯けむりは昔と変わらずで
現在は4軒の宿と1軒の日帰り温泉施設、1軒の共同湯があり
なによりも豊富なお湯と効能で
多くの温泉ファンに支持されています

はげの湯30

現在はげの湯温泉にて混浴可能な宿は一件
「旅館 山翠」です
この宿も2000年にリニューアルした宿で
本館別館共とても綺麗な宿です
本館で立ち寄り湯の受付をし、目の前の坂道を登り別館に向かいます
建物の中に入ると湯上り処のスペースも大きく作られており
ゆっくりと休憩する事も出きます

この宿の目玉はなんといっても18もあるお風呂♪
混浴露天風呂”仙人の湯”をはじめ
1つの女性専用露天風呂と2つの女性用内湯
1つの男性専用露天風呂と2つの男性用内湯
そしてなんと!"11"もある貸切露天風呂が凄い☆

まさに温泉パラダイス
...欲を言えば”混浴”風呂をもう少し多くしてほしいかなぁ

はげの湯36

混浴風呂へは、いくつかあるお風呂を過ぎて一番奥の小屋へ向かいます
男女別の脱衣所があり、女性用は完全に小屋内なのですが
男性脱衣所は小屋の外側に棚とカゴが用意された簡易的な作りです
湯船は広く瓢箪のような形をしていて
くびれた部分に大きな岩が組まれていて
それぞれの脱女から出ると”一応”、男性ゾーンと女性ゾーンを分けているようでした

お湯は少し熱めの無色透明アルカリ単純泉
源泉温度は97度で男女の間の大きな岩からお湯が注がれています
白い温泉成分が、びっしりとこびり付いているで
硫黄成分も含まれると思います

はげの湯29

「阿蘇くじゅう国立公園」のくじゅう連山エリアは贅沢なくらい温泉の宝庫☆
湧蓋山周辺には特に混浴も多く残っており
山の西側にはココ「はげの湯温泉」をはじめ岳の湯、地獄谷、山川、麻生釣、鈴ヶ谷からなる”わいた温泉郷”
山の東側には「筋湯温泉」や「筌ノ口温泉」をはじめとした”九重九湯”と
いっその事、同じ温泉郷にしてもいいほどの距離にあるのですが
湧蓋山を分断するように県境が走っている事で区別しているのでしょうね

更には大分県側には壁湯温泉や川底温泉、ちょっと走ると天ヶ瀬温泉
熊本県側には黒川温泉、満願寺温泉、扇温泉と混浴の残る温泉地がい~っぱい♡
2~3日滞在しても回りきれないほどです

混浴露天風呂「仙人の湯」はこの宿の敷地内のみならず
小国町で最も標高の高い800mの場所にあり
露天風呂からは遥か先に雄大な阿蘇の外輪山を望む事ができます
の~んびりお湯に浸かりながら
眼下に広がる田園風景と湯煙を眺めてたら
あまりにもリラックスしすぎて
社会復帰できなくなっちゃうかも(笑)

次回はぜひともお泊りで来ようと思います
この宿のもう一つの目玉である郷土料理
はげの湯温泉のいたるところから吹き上がる蒸気を利用した”蒸し料理”も食べてみたいし☆

あ~こんな至福の時間
やっぱり必要ですね♪

はげの湯35



みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

みうたんお気に入り度☆☆☆☆

【住所】 熊本県阿蘇郡小国町西里3044
【☎︎】 0967-46-4547
【入浴料】 500円
【入浴時間】 8:00~15:00
【定休日】 不定休(要確認)

【HP】 旅館 山翠HP


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

ブログランキング
どれかひとつに”おまけ”画像ありま~す☆










励みになります☆
混浴王を目指すワタシへポチっとお願いします♡
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

田園風景の中の温泉♪

logbook #102 菊鹿温泉 菊翠苑




菊鹿(きくか)町は
熊本市の北に位置し
拓けた田園風景と古い街並
1300年前に大和朝廷により
築城された古代の山城
『鞠智(くくち・きくち)城』
で知られる町です

かつては合瀬川温泉と
呼ばれていた菊鹿温泉も
1300年の歴史を誇る温泉で
良質な肌触りのお湯は
「化粧の湯」として知られる
肌に柔らかな弱アルカリ性の泉質

飲泉にもオススメですよ☆

菊翠苑a

現在5軒程の温泉宿があります
混浴温泉はこの“菊翠苑”
男女別の内湯と露天風呂の間に
東屋風の混浴露天風呂が☆

無色透明のお湯に
湯の花がうっすら舞っていました

立ち上がれば
なんとか菊鹿の町を
見渡せるかも♪

緑の木々に包まれた露天風呂は
とっても気持ちよく
開放的です☆

菊翠苑b

ただ開放的になりすぎて
ワタシみたいに
間違って男湯に行っちゃダメですよ!
“間違えた~!”(笑)


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【菊翠苑】
みうたんお気に入り度☆☆☆

【住所】 熊本県山鹿市菊鹿町木野3868
【☎︎】 0968-48-2066
【入浴料】 300円
【入浴時間】 10:00~21:00
【定休日】 不定休

【HP】
 菊翠苑HP

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

2014.03.15 すずめの湯♪
すずめの湯♪

logbook #101 地獄温泉 清風荘




“火の国”熊本県と言えば
黒川温泉が有名ですが
湯治の湯として根強い人気を誇るのが
阿蘇五岳、鳥帽子岳に湧く
地獄温泉 清風荘ですね

秘湯感漂う宿で
特に本館は
明治時代に建築された
歴史あるものです

清風荘a

清風荘といえば混浴露天風呂の
「すすめの湯」です
升のように区切られた湯船で
泥の溜まった湯底からは
プクプクと自噴しているのが分かります

湯治の方々は皆
泥を各所に塗り付け
身体を癒しています

日帰り入浴も遅くまで
受け付けている様です
泥の灰色というか白色というか
効能がバッチリ感じられる
鄙びた雰囲気抜群の
温泉宿です

終始、入浴時間にお客さんが多く
撮影ができませんでした
再訪の時に
またチャレンジします!



みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【地獄温泉 清風荘】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆

【住所】 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2331
【☎︎】 0967-67-0005
【入浴料】 500円
【入浴時間】 要確認
【定休日】 不定休

【HP】
 地獄温泉 清風荘

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

2014.03.07 温故知新♪
温故知新♪

logbook #097 熊本県 黒川温泉 穴湯温泉共同湯




現代温泉文化の原点とも言える
黒川温泉
統一された街並みと
最高のおもてなしの心
「入湯手形」を発行して
温泉巡りが出来るなど
活気溢れる温泉地

その中で不思議な空間と言うか
そこだけが時が止まったような
そんな共同浴場があります
「穴湯共同浴場」
ひっきりなしに歩いている観光客の方達の目に
写っているのかと思える程
皆が素通りして行く
昔ながらの湯小屋

そっと入り口を開けてみると
不思議な異空間への扉を開けた様です

穴湯c

表の賑わいが噓の様に
静まり返った湯小屋内
贅沢にパイプから掛け流される
お湯の音だけが
響いています

以前ネットで見ていたときは
無色透明という事でしたが
目の前には綺麗な黄金色のお湯が
壁の竹の隙間から射す光に
キラキラ輝いています

穴湯a

現代風に統一された黒川温泉に
唯一残る
昔の湯治場の雰囲気なのでしょう
そのギャップというか
“古きを温ねて新しきを知る”
温故知新がここにありました

穴湯b



みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【黒川温泉 穴湯温泉共同湯】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆

【住所】 熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉内
【☎︎】 0967-44-0076 (黒川温泉観光旅館協同組合)
【入浴料】 100円
【入浴時間】 8:30~19:00
【定休日】 無休

【HP】
 

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください
現代温泉文化の原点?

logbook #096 熊本県 黒川温泉 新明館




熊本県 黒川温泉は
2009年ミシュランガイドブックジャポンでも
温泉地としては異例の二つ星がついた
全国屈指の人気温泉地

全国を見ても
以前の活性化は見られず
閑散とした温泉地が多い中で
黒川温泉はちょっとした観光地のような
活気ある賑わいをみせます

お洒落なお店が建ち並び
温泉宿一軒一軒が力を合わせるかのような
一体感☆
「黒川温泉」という
ブランディング力を感じます

その活性化の中心的役割を果たした
一軒の温泉宿が
「新明館」です

IMG_5002のコピー

新明館の先代の主
後藤哲也さんが立ち上がり
黒川を復活させた話は有名です

旅館組合の主導で歓楽的要素や
派手な看板を廃して
統一的な町並みを形成するような
団結力があるからこその町並みなんですね

細部にまでこだわる

素敵ですね♪

サウスブルー強行軍の疲れからか
チェックイン後
またまた不覚にも爆睡..

おかげで名物の混浴洞窟風呂の
レポートもできません
(失礼しました...)

やむなく貸し切り露天風呂のレポートで(汗)

新明館b

とにかくお湯も雰囲気も
おもてなしも最高です☆

きっとリピーターが多いんでしょうね
ワタシも再訪の際には
間違いなく新明館に宿泊決定です♪
岩風呂の混浴と
洞窟風呂のリベンジもあるし...
(☆p*'∪`*q) ゚

新明館a

現代風なおもてなしと
昔ながらの温泉宿の良さ
うまく癒合し
ひとつの文化を作り上げた
原点はここなのかもしれませんね


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【黒川温泉 新明館】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆

【住所】 熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
【☎︎】 0967-44-0916
【入浴料】 500円
【入浴時間】 8:30~21:00
【定休日】 不定休

【HP】
 新明館HP

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください