FC2ブログ
2016.11.06 まごろく?
まごろく?

logbook #230 乳頭温泉郷 孫六温泉



☆PCビューで見る方がより画像の質が良くなります☆




全国の混浴温泉を渡り歩く中で
街中温泉もあれば観光温泉街の温泉あり
シーサイドビューのおしゃれな温泉など色々なカタチに出会えます
そんな幾つかのジャンルに分けられる温泉地の中でも
やはりワタシ達日本人のDNAをくすぐる温泉地といえば
いわゆる”秘湯”と呼ばれる山奥の温泉地ではないでしょうか

生まれ故郷や田舎を思い出させてくれる
郷愁を感じられるような宿☆

孫六35
~「ただいまぁ」と言いたくなるような孫六へのアプローチ~

でも秘湯と呼ばれてきたそのほとんどの宿も
実際に足を運んでみると
場所だけ見れば”秘湯”の要素はあるものの
建物や部屋は現代風隠れ家的にお洒落にリニューアルされ
携帯電話の中継基地からWi-Fi、ウォシュレット完備に至るまで
ホスピタリティー的には街中温泉や観光地温泉と
なんら変わらぬ”秘湯風”温泉が多くなってきた気がします

乳頭温泉郷と聞けば秋田を代表するメジャー温泉地のひとつであり
まさに”秘湯”という響きがマッチする印象でしたが
最近では外国人観光客も増加している事もあり
ここ乳頭温泉郷にも現代化の波が押し寄せ
温泉郷内の宿も次々とリニューアルされてきている現状に。
宿も組織運営というか人材育成にも力を入れ
最高のホスピタリティーを提供してくれています

でも心のどこかでは真の”秘湯”を求め
かつて、つげ義春の追い続けた世界観を探したくなります

孫六19a

そんな中で昔ながらの秘湯のカタチを残す宿が
温泉郷の最奥にある「孫六温泉」です

田舎の原風景に見るような小さな集落に似た外観で
3つの湯小屋と6つほどある建物からなり
増築や改築は見られるものの、お世辞にも洒落た感じは一切ありません
部屋もエアコン、テレビはなし、広縁や床の間もない6畳の部屋
蛍光灯からは子供の頃を思い出させるような
スイッチの長い紐が下がっていました(笑)
まさしく乳頭温泉のイメージにマッチした鄙びた宿であり
時代の流れに一切媚びることはしないという印象です

孫六14
~混浴露天風呂”下の湯”~後ろの小屋は「湯瀧」~

1902年(明治35年)に農林技師が密かに湧くお湯を発見
人伝いにこのお湯を耳にした田口久吉(久吉爺)は
生まれつき病弱な身体を治そうとこの地を訪れ
自ら笹子屋を建て湯治を行いました

三週間後には全身の調子がみるみる良くなり
その後完全に回復し、このお湯を広めようとこの場所を買い取り
1906年(明治39年)に湯治場を開いたのが「孫六温泉」の始まりと言われています

ちなみに初代の”久吉爺”は
その後も健康に過ごし79歳という長寿を全うしたそうですよ♪

「孫六」というこの名前
これは先祖代々からの屋号だそうです
田舎では同じ姓が多いため
今でも屋号で呼び合うことも多いのです

現在で4代目となるこの宿
昔ながらの茅葺き屋根を残すなど
”つげ義春”が愛する温泉のひとつとして
その湯治の面影を今に残しています

孫六12
~混浴露天風呂”上の湯”~

お目当のお風呂は湯小屋が3つ
1つ目は男女別内湯「唐子(からこ)の湯」
(”からこ”とは”河原の方”という意味でこの地方の訛りのようです)
2つ目の湯小屋は「石の湯」
女性専用露天風呂、混浴内湯と混浴露天風呂2つ
その露天風呂の中に3つ目の湯小屋「湯瀧」という打たせ湯があります

混浴の露天風呂は「石の湯」の内湯に近い”上の湯”と河原に近い”下の湯”の2つがありますが
湯の温度は”上の湯”の方が高め
混浴内湯からオーバーフローした廃湯に別源泉を混合させたお湯が溜められています

”下の湯”は”上の湯”の廃湯がそのまま溜められた感じ
なので一番新鮮なお湯は、おそらく混浴内湯ではないでしょうか☆
もちろん4つの源泉を持つ「孫六温泉」
唐子の湯の男女別内湯も新鮮なお湯を使用しています

孫六30

混浴内湯の「石の湯」
名前の通り大きな岩を利用した湯船があり
その上に小屋掛した造りの湯小屋☆
床の色の変色具合や木造りの壁に
白熱球の柔らかい光はとても居心地がよく
湯気抜きのある高い天井のお陰で窮屈感もありません

岩の割れ目からの湧出口と湯底から自噴するお湯☆
ご覧のように乳白色のお湯で人気の乳頭温泉には意外な透明なお湯
源泉は多少の湯の華が舞う濁り湯の単純温泉の50℃
(乳頭温泉郷のHPではラジウム泉と表記)
日によって多少色を変えるようで
このお湯が濁れば”雨”澄めば”晴れ”になると言われています

昔から「石の湯」にカップルや夫婦で入ると
末長く幸せでいられるという縁起の良いお湯なんですよ

孫六32

雪深い秋田の人たちは芯が強く素朴な方が多いと聞きます
孫六の方達も口数は決して多くはありませんが
「湯守」としての役割をしっかりこなす姿勢が伝わってきます
過剰なサービスこそありませんが
地場ものの食材を使った家庭的な食事や
帰りがけの「またきてくださいね~」という笑顔が
ワタシにとっては最高の温かいホスピタリティに感じました


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

みうたんお気に入り度☆☆☆

【住所】 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林
【☎︎】 0187-46-2224
【入浴料】 500円
【入浴時間】 9:00~16:00
【定休日】 なし

【HP】


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

ブログランキング
どれかひとつに”おまけ”画像ありま~す☆










励みになります☆
混浴王を目指すワタシへポチっとお願いします♡
スポンサーサイト
[PR]

2016.09.23 陸の孤島へ
陸の孤島へ

logbook #225 杣(そま)温泉 湯の沢湯本 杣温泉旅館



☆PCビューで見る方がより画像の質が良くなります☆




ノースブルー(みうたん的に東北のことです 笑)は今でこそ交通網の発達により
気軽に行ける場所になりましたが
2010年の新青森までの東北新幹線全面開通するまでは
決して”ちょっとそこまで...”的な場所ではありませんでした

ましてや交通のアクセスが比較的よかった奥羽山脈の東側(宮城・岩手)に比べて
西側(山形・秋田)は、今でこそ山形新幹線や秋田新幹線、同様に山形道、秋田道などが
発達したことによって以前に比べればアクセスしやすくなりましたが
一昔前まではアクセスも悪く、冬はとても雪深いせいで
地理的には近いようで遠い「陸の孤島」と呼ばれていました

杣14

そんな陸の孤島の中でも素晴らしい温泉が多く
”乳頭温泉郷”を始め”玉川温泉””後生掛温泉””泥湯温泉”など数え切れないほど☆
どれもまさに秘境と言えるロケーションばかりですが
更に山深い場所に素晴らしい温泉があります
地元の人からは「秋田山」と親しまれる
標高1454mの「森吉山」の北麓の山裾を流れる小又川の上流
うっそうとしたブナの原生林に囲まれた静かな一軒宿
「杣(そま)温泉 湯の沢湯本 杣温泉旅館」です

秋田市から鹿角市へ抜ける小又峠
人工湖である太平湖の森吉ダムへ向かう県道309号線から逸れた
小又川の支流沿いにある鄙びた温泉宿
宿泊者には昔ながらの地元の食材や川魚、時には熊肉など
杣温泉の”あるがまま”を提供する宿で
現在のご主人は、なんと現役バリバリのマタギでもあります☆
実際に館内に入ると彼の戦利品!?のクマの剥製や毛皮が並べられています

杣温泉旅館から一歩表に踏み出すと、そこは手つかずの自然
ちょっと散歩でもしようものなら
”ある~日、森の中~クマさんと~♪”なんて確率が高そうな空気が漂います
ご主人も「クマなら良くこの周りで見かけるよ~」と
秋田弁で豪快に笑いながら話していました...やばいでしょ~(汗)

そんなご主人の手作りでもある混浴露天風呂♪

杣22

杣温泉旅館には露天風呂の他に男女別の内湯があります
混浴の露天風呂は内湯とは繋がっていないので
一度表に出て入浴するタイプのお風呂です

男女別に分かれた脱衣所も、かなりしっかりとした造りで
これなら女性の方も安心して脱衣できそうですよ

露天風呂はとても広く
10~15人はゆっくり入れそうな広さを持ちます
お湯はナトリウム・カルシウム塩化物硫酸泉
無色透明のお湯もほどよくすんなり入れる感じでした
訪れたのが夏のお盆過ぎだったせいか
熱過ぎもせずちょうどいいです

夏は気軽に立ち寄り入浴が可能ですが
冬季になると雪深いこの地域
宿泊客がいない限りは、毎回露天風呂の掃除をするのは骨が折れるとのことで
基本的に混浴露天はクローズにするそうです

杣23

湯底には石のタイルも引いてあり、とても凝った造りになっていますね
視覚的な印象ってとても結構大事だと思います♪

葦簀の囲いこそあるものの閉塞感は全くなく
(葦簀はなくてもいいのですが、目の前の駐車場から丸見え...)
露天風呂の山側の斜面からはブナの木々がアーチを作るように迫ります

此処には宿の前に流れる支流の川の音と
所々の山肌からは湧き出た山水がちょろちょろと流れ落ちる音
時折山からの風に揺れるブナの枝の音が心地よく
まさに最高のリラックス気分になれます

冒頭にも記したように
交通網が発達する以前は
陸の孤島としてなかなか足を伸ばせる場所ではなかったこの地域
江戸からの陸路よりも京の都からの海路の方が便が良かったようで
未だに山形(鶴岡)や秋田(角館など)には京の文化が残っています
だからこその独自の文化が守られてきました

同時に杣温泉のような”秘境”も
ワタシたちから見れば
”そうは簡単には行けない場所”イコール
どこか”特別な場所”のような感覚があり
その大自然いっぱいの空気と
普段では決して味わえない転地効果が
より温泉の効能を高めてくれるのかもしれません

冒険気分で杣温泉を訪ねてみるのもいいかも♪

杣25


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

みうたんお気に入り度☆☆☆

【住所】 秋田県北秋田市森吉字湯ノ沢7
【☎︎】 0186-76-2311
【入浴料】 400円
【入浴時間】 7:00~20:00
【定休日】 不定休(要確認)

【HP】 湯の沢湯本 杣温泉旅館


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

ブログランキング
どれかひとつに”おまけ”画像ありま~す☆










励みになります☆
混浴王を目指すワタシへポチっとお願いします♡
八幡平最古の湯

logbook #158 蒸の湯温泉 ふけの湯





八幡平(はちまんたい)温泉郷のひとつ”ふけの湯”
鄙びた温泉宿を描かせれば右に出るものもいない
シュールな漫画家”つげ義春”さんもここを訪れ描かれた
有名な温泉です

岩手側からアスピーテラインを進み
八幡平の標高1100mに位置し
そのまま秋田側に降りると
有名な”玉川温泉”にたどり着きます

八幡平にはあちこちから湯けむりが上がり
なんとも言えない雰囲気を見せてくれます

宿に向かう道沿いの植物も
高山特有の背の低い草木に変わっていきます
この辺り一帯は八幡平の樹海で
ブナやダケカンバ・アオモリトドマツの
まさに秘境の真っ只中
登山道にもなっているので
ハイキングや登山客が多く見られます

ふけ9

ふけの湯の外観は
山間の分校のような木造建築
鄙びた感満点!
いざ玄関を入ると綺麗に黒光りした床
木造りの室内はしっかり清掃されています

玄関の突き当たりには
”金勢様”が祀られています
ここは子宝の湯なのでしょう

宿の中には男女別の内湯と露天風呂
目的である混浴の露天風呂は
宿から出て少し歩いた場所にあります

宿から下りの道を進むと
大きな窪地があり
湯けむりがあちこちから上がっています
イメージで言うと
玉川温泉を小さくした感じかな
ワイルドな荒野という雰囲気

ふけ12のコピー

その荒々しい荒野の真ん中に
ステージのように 笑
(宿から降ってくる道から遠目に丸見え)
混浴の露天風呂があります

丸い樽風呂が4つと
広めの木造りの四角い湯船

訪れた11月初旬
アスピーテラインもいよいよ通行止に入る直前
ふけの湯の荒野には
冷たい風が吹き抜けていきます

...めちゃ寒い...
っていうか
お湯も超ぬるい...

とても入っていられず
樽風呂からメインの湯船へ裸でダッシュ!

ふけ17

こちらも決して適温とは言えずぬるめ...(涙)
なんとかお湯の湧出口のお湯が適温
なのでここから動けず...
この露天風呂は
夏がベストシーズンかも
なんとか体を温めます

この露天風呂のほか
近くには簡易的なテントを張ったオンドル小屋
離れたところに女性専用の露天風呂があります

その昔は
つげ義春さんが”オンドル小屋”で描いたような
大きな湯治棟があったようですが
昭和48年の土砂崩れの災害によって
崩壊し現在はありません
女性用の露天風呂の場所
この写真の場所にあったようですね

ふけ25

歴史は古く
今から300年前の宝永年間に開湯
八幡平最古の湯である”ふけの湯”
長い間人々の体を癒し、治癒させ
効能が伝えられてきたお湯
この日常では見ることのできないような
ロケーションによる転地効果も大きな魅力です
ぜひ足を運んでみてくださいね☆

寒むぅ〜
本館の内湯で温まろう〜♪

ふけ21


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【ふけの湯】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆

【住所】 秋田県鹿角市八幡平字熊沢国有林内
【☎︎】 0186-31-2131
【入浴料】 500円
【入浴時間】 8:00~18:00
【定休日】 11月~4月冬季休業

【HP】 ふけの湯HP

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

森の中のラビリンス♪

logbook #004 秋田県 奥八九郎温泉




最高の野湯『奥奥八九郎温泉』を満喫した後
次に向かったのは
車で数分の森の中の野湯
「奥八九郎温泉」です

奥八九郎a

かなり分かりづらい場所にあります
『奥奥』の次は『奥』ということは
ただの“八九郎温泉”も山に入る手前の集落にあります
以前は混浴だったのですが
今は別浴に...(涙)

川を渡ると湯気が見えてきました

ただ残念ながらこの日は
数日前の川の増水のせいか
水没していたので
入る事は出来ず

奥八九郎b

ただ
まるで森の迷路にでも
迷い込んだかのような錯覚の中
気分だけでも
混浴気分を味わいました☆



みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【奥八九郎温泉】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆☆

【住所】 秋田県鹿角市小坂町小坂(奥奥八九郎の手前の最後のカーブから川へ降りる)
【☎︎】
【入浴料】 無料
【入浴時間】 24h野湯
【定休日】 なし

【HP】


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

山の中に突如!!!

logbook #003 秋田県 奥奥八九郎温泉




秋田県と青森県の県境に近い
のどかな田舎の風景が拡がる
集落を抜け
今の中に車を走らせると
突如ひらけた場所に
この奥奥ハ九郎はあります

奥奥八九郎a

赤茶の土地に
いくつか掘られた野湯が!
スゴィッ(*゚д゚ノノ

この温泉の特徴でもある
炭酸泉☆
ボコボコ自噴しています

やっぱり温泉はこうでなくちゃ♪

奥奥八九郎c

地元の方達の為の温泉を
一般の方達にも開放してくださっている事に
感謝の気持ちを持って
必ずゴミなどは持ち帰りましょう☆

奥奥八九郎b

もしもワタシの地元にも
こんな秘湯があったら
きっと高校の放課後とか
みんなで集まって
わいわいしてただろうな~
(男女入り交じって☆)

素敵な野湯です☆

※お勧めは春先か冬の始めです
(炭酸泉なのでアブの時期はお勧めしません。。。)



みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【奥奥八九郎温泉】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆☆

【住所】 秋田県鹿角市小坂町小坂(山道入り口に案内板あり)
【☎︎】
【入浴料】 無料
【入浴時間】 24h
【定休日】

【HP】


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください