FC2ブログ
鬼怒川のポテンシャル☆

logbook #126 川俣温泉 一柳閣




栃木県は全国でも混浴文化の多く残るエリアのひとつです
大きく分けると『那須エリア』『塩原エリア』『鬼怒川エリア』☆
どこをとっても多くの質の高い温泉があります

今回の川俣温泉『一柳閣』は『鬼怒川エリア』の上流域にある温泉
現在は4軒の温泉宿があり
その中の2軒に混浴が残っています

一柳閣4b

鬼怒川流域を辿ってみましょう☆

昭和からバブル期に大きく栄え
大型観光ホテルの立ち並ぶ“鬼怒川温泉”
華やかな時代に大型バスで団体客を受け入れていた時代の波は過ぎ
今ではひっそりとした雰囲気になっています

鬼怒川を上流に進むと
男鹿川との合流部が現れます
『川治温泉』です
現在川沿いの共同湯”薬師の湯”に混浴が残っています

川俣ダムを過ぎる頃には
景観も一気に山深い印象が濃くなり
”平家の落人の里”や“マタギの里”なる看板が多く目立つように。
ここが『川俣温泉』

更に奥に進むと
今はなき”女夫渕温泉ホテル”の跡地があり
(2009年2月の大地震によりは廃業)
一般の車の乗り入れはここまでになります

ココからは宿泊者専用の送迎バス
もしくは川沿いの遊歩道を10km程徒歩で進むと
秘境ムード満点の『奥鬼怒温泉郷』があります
現在4軒の宿があり、その内の3軒
“加仁湯”“八丁の湯”“日光澤温泉”が混浴宿
そのお湯の質も最高のもので
鬼怒川流域のポテンシャルの高さに改めて感動です♪

一柳閣6
大露天風呂

ここ一柳閣はそんな鬼怒川の深い渓谷に張り付く様に立つ
7階建てのホテルです
7階に玄関ロビーがある作りで
エレベーターにて1階に降り川沿いの露天風呂へ出ます

源泉は2つ☆
ひとつは大露天風呂(男性)と3つの貸し切り風呂、男女別内湯と
もうひとつは露天風呂(女性)になります
つまり2つの源泉を楽しめるのは女性のみという事になりますね☆
析出物の感じを見ても女性用の露天風呂の源泉の方が濃い感じがします♪

弱アルカリ性 ナトリウム‐塩化物.炭酸水素塩温泉
お肌のツルツル感の増すお湯です

『混浴露天風呂』というのはなく
男湯の“大露天風呂”に女性の入浴可という仕組みだそうです(笑)

その他3つの貸し切り風呂は
手前から『檜風呂』『小岩風呂』『大岩風呂』になります
全て鍵をかけられるので
女性やカップルさんも安心して入浴出来る事が
女性客の多い理由かも知れません
もちろん全ての貸し切り風呂からは
渓流を望む素晴らしい景観と開放感があります

一柳閣32

何よりも気さくな一柳閣の名物女将さんの笑顔に
ココを訪れる多くの方達が癒され
リピーターに愛される宿として高い人気を誇ります♪

みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【川俣温泉 一柳閣】
みうたんお気に入り度☆☆☆

【住所】 栃木県日光市川俣40-3
【☎︎】 0288-96-0111
【入浴料】 1000円
【入浴時間】 10:00~14:00(電話確認)
【定休日】 無休

【HP】川俣温泉 一柳閣HP

参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
Secret

TrackBackURL
→http://kontama01.blog.fc2.com/tb.php/125-bfb2e0a0