FC2ブログ
大自然の中で童心にかえる♪

logbook #178 奥鬼怒温泉郷 八丁の湯





八丁前4


最近のこの国の異常気象はいかがなものでしょうか?
梅雨だというのに
異様なジメジメ感と30度を超える暑さ
真夏を思わせるスコールのような豪雨
あのシトシトと降る
”風情のある梅雨”は何処へ?
日本の温暖化もいよいよ本格的になり
まさに亜熱帯化...
本来の”日本の四季”のもつ美しさが
失われているのかもしれません

そんな梅雨入りして間もなくのとある平日
奥鬼怒温泉郷にやってきました
下界は30度近い夏日が続く中
標高1500mのここ”八丁の湯”は
気温も22度ほどで
暑くもなく寒くもなくの快適な気候でした

八丁前21

奥鬼怒四湯の中のひとつ”八丁の湯”は
カナディアン風のログハウスが並ぶ
現代風の秘湯です

玄関のある本館こそ
昭和4年(1929年)に開業した当時のままの
木造二階建ての鄙びた雰囲気を残しますが
その両脇に並ぶ宿泊棟と休憩棟を見る限りでは
秘湯のこの場所も
今風のリゾート地に見えてきます
新緑のなかに
樹の雰囲気が素晴らしいですね

ここは女夫淵からの遊歩道沿いにあるので
ログハウス前のベンチやテーブルには
ハイキングの方達が休憩されていたり
昼食をとったりしていて
とても活気があります

八丁前18

秘境というのも
この奥鬼怒がマイカー規制をしているからであって
今では電気も通り
加仁湯と八丁の湯は携帯の電波とも近いこともあり
場所によっては通信も可能という便利さがあります
人によっては良くもあり悪くもありなのかな?

まずは男女共用の脱衣所からすぐの
混浴露天風呂”雪見の湯”へ
昭和4年の創業以来の湯船です
四角の湯船に湧出口からお湯が勢い良く流れ込みます

無色透明の八丁の湯の源泉は
敷地内の8箇所の山肌から自然湧出しています
うっすらと湯の花が舞う単純硫黄温泉
ここは日差しが強いと
隠れる場所がないので
女子には厳しいかも...

ワタシ達が入っていたら
おじさまが顔を出して
申し訳なさそうに出て行かれました
ご一緒しても大丈夫なのに
申し訳ないです..

八丁前12

でもそれだけマナーの良い人たちが多いのも特徴かも
さすがに徒歩で2時間近くかけて
女性の裸目的で来る人がいたら
よほどの気合と根性の持ち主ですね(笑)
それに奥鬼怒まで送迎バスで来るには
”宿泊”でないと来れません

...のはずが
実は八丁の湯には
例外的に嬉しいプランがあるのです

『日帰り入浴パック』☆
何なに〜〜!

日帰り入浴+昼食のパックで
1名様~3名様の場合ひとり3,500円
4名様以上であれば、ひとり3.000円で
女夫淵を9:30もしくは10:30に迎えに来て
14:30に八丁の湯を出発というプラン

♪9:30に乗れば八丁の湯に10:00には着くので
最大で4時間半ゆっくりできる!

ここだけでなく
急げば加仁湯や日光澤にも足を伸ばせますよ

八丁前28

こんな感じで昼食をいただきます
素敵な広々としたログハウスをふたりで貸切でした☆
このあと座布団を敷いて、しばし爆睡〜
めちゃ気持ち良くて
すごい贅沢な時間☆

お風呂だけでなく
気持ちのいい八丁の湯近辺を
軽く散策もできちゃいます

絶対にオススメプランですよ☆
ただし、事前予約が必要ですのでご注意を!

素晴らしい奥鬼怒の自然の中でそよ風にあたりながら
かなりゆっくりリラックスした後に
もうひとつの混浴露天風呂”滝見の湯”へ

八丁後17

こちらは岩で組んである庭園風の広い露天風呂
木陰もあったり女性用脱衣所もありと
強い日差しから逃げられます
すでに殿方が一人入浴中でしたが
ワタシはあまりの気持ちよさに
目の前にある大きな滝の前で
おもいっきりマイナスイオンを浴びてしまいました☆
気持ちいい〜〜

実はもう一つここには湯船があります
”石楠花(しゃくなげ)の湯”
目の前に流れ落ちる滝の真横にあるので
迫力満点☆
”滝見の湯”が見渡せる高い位置にあります
どうですか?見えますか〜?

八丁後27

大自然の中で童心に戻り(ワタシの場合は常にですが..)
老若男女問わず誰もが
裸で楽しめる奥鬼怒の秘湯
何度も訪れたい
そして
いつまでも続いて欲しい
素晴らしい宿です


みうたん☆クローバーZの混浴ログ♪

【奥鬼怒温泉郷 八丁の湯】
みうたんお気に入り度☆☆☆☆☆

【住所】 栃木県日光市川俣876
【☎︎】 0288-96-0306
【入浴料】 500円
【入浴時間】 9:00~15:00
【定休日】 無休

【HP】 八丁の湯HP


参考であり、変更もしくは過去のデータである恐れがありますのでご理解ください
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

Secret